トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

大学入試での教科「情報」採用と出題傾向

教科「情報」教員ネットワーク.関東

このページは、平成18年1月28日に東京の文京センターホールで行われた教育家庭新聞社主催のIT活用セミナーを参考にさせて頂いております。

H18年度入試 教科「情報」導入予定は15大学

平成17年度に「情報」を一般入試で導入した大学は下記の通り(駿台予備学校ほか調べ)
試験問題を公開しているところはリンクが貼ってあります。
これ以外にも発見した場合はどんどんリンクを追加してください。

  • <国立>
    • 東京農工大 工学部情報コミュニケーション工学科 個別試験で選択可(情報A、B、Cの各科目に共通し、専門教科「情報」に含まれる内容)
    • 愛知教育大 教育学部 情報教育課程 個別試験で選択可(情報A、B、Cの各科目に共通する内容)
  • <私学>
    • 専修大 経営学部 選択可(範囲は情報AとBとC)
    • 千歳科技大 情報Cを選択可
    • 筑波学院大 情報Aを選択可
    • 城西国際大 経営情報学部 情報Aを選択可
    • 東京情報大 情報Bを選択可
    • 東京工芸大 工学部 選択可(情報A、情報B、情報Cに共通する内容)
    • 静岡産大 情報学部・経営学部 情報Aを選択可
    • 千里金蘭大 人間社会学部 情報Aを選択可
    • 兵庫大 経済情報学部 選択可(情報AとBとC)
    • 広島国際学院大 工学部・情報学部 情報Aを選択可
    • 福岡国際大 国際コミュニケーション学部デジタルメディア学科 選択可(情報を中心に出題。応用範囲については情報B、情報Cも含む)
    • 沖縄国際大 経済学部、産業情報学部 情報Aを選択可
  • 参考


 大学側の考え

  • 入試科目に情報を採り入れている大学は、今後の高度情報社会を見据えて、日本人の情報スキルを上げることが必要だと思うから実施している。一から始めるのは大変な労力がかかるが、それでも実施していることを評価してほしい。
  • しばらくの間「情報」入試は試行的に行うことになり、なかなか馴染まないかもしれない。まだ初めて実施するところが多く、問題点も多く見られようが、どんどん指摘して頂き、よりよいものにしていきたい。
  • 入試の出題内容が専門的すぎではないかとの意見が出ているが、入試問題は大学側が望むレベルの生徒像を反映していることを理解してほしい。逆に言えば、大学側の出題する問題に対応できない生徒や、別分野が得意な生徒は、他の大学を選んだ方がいいですよというメッセージ。

 大学が現職教員に望むもの

  • センター試験に情報科目は必要ないのではないかと考える現職教員が多いのは何故?
  • 基礎基本を大事にしたいから、テクニックだけで受けられるような「情報」入試は学力向上の妨げだと考えるのはおかしい。これからは高度情報社会になるため、「情報」力というのは今後の社会を生きるための基礎基本の力と考えて良い。そのような先を見据えた目で「情報」をみてほしい。
  • ハッキング行為が得意で学校のPCにいたずらばかりしていたりする学校での問題児はむしろ歓迎である。そういう生徒にこそ「情報」入試を勧めて欲しい。
  • 「情報」入試に対する要望や意見はどんどん挙げてほしい。大変参考になるから。

今後の行方

  • 入試に出ないから、という名目で教科「情報」が軽視されている学校も多い。今後の高度情報社会を考えると由々しき事態である。むしろ今後の社会においては必須の能力であるのだから。
  • 大学入試で教科「情報」を採り入れる大学が増えれば、センター試験で実施になることも考えられる。より多くの大学で実施できるよう働きかけを行っていく必要がある。入試制度を整えることで「情報」授業を実践しやすくなる背景があるのなら、教科「情報」への支援にもつながるのでは。
  • 今後は小中でワープロや表計算など、基本的なアプリケーションソフト操作は習得済みの生徒が増えてくる。そう考えると、今後高校においての「情報」授業内容はより一層高度なものになり、現在専門的すぎやしないかと言われている入試レベルに対応できる生徒が増えてくるのではないか。そうなれば、「情報」入試がごく一般的に行われるような時代もそう遠くはないだろう。

必読!参考になる情報

このWebサイトに記載されている情報は、自己責任でご利用ください。
最終更新時間:2006年02月13日 10時53分03秒